海岸の人工化により産卵を終えたウミガメがテトラポッドで海に帰れず亡くなるという悲しい出来事が発生しています…

海岸のテトラが招く問題

サーフィンをするならサーフポイントでも目にする事が多いテトラポッド…
海岸の人工化が進み、直線的に並んだテトラポッドなどのブロックのせいでウミガメが産卵出来なかったり、産卵後にブロックに帰り道を阻まれ海に帰れず死に至ってしまうケースもあります。

この動画では、ウミガメの産卵行動の記録であるタートルトラック(ウミガメの足跡)をたどり、砂浜に並ぶテトラポッドで海に帰れず亡くなってしまったウミガメが撮影されています。
テトラポッドなどの人工物が大波の時の消波上やむを得ないという理由も解りますが、数十メートルで少し間隔を開けて配置するなど、動物が移動できる隙間を作る配慮があってもよいのではないでしょうか!
このようなケースがあるという事を多くの方に知ってもらい、絶滅してしまう恐れもあるウミガメの小さな命を守っていけたらと思います。