サーフィンライフ連載How to企画「TECHNIQUE EXPRESS」の「小波でのレールワーク編」の映像!プロサーファー高梨直人のパワーゾーンを見極めるレールワークをマスターしよう…

サーフィンHow to企画「小波でのレールワーク編」

小波の時こそパワーゾーンを常にキープするようなライディングが大事になってきます…
サイズのある波であればテイクオフ直後のスピードもあり、次のセクションにつなげることが可能ですが、小波であればパワーゾーンを見極めてレールワークをしっかりとしないとロングライドが難しくなってきます。
この映像は、サーフィンライフに連載しているHow to企画「TECHNIQUE EXPRESS」の「小波でのレールワーク編」となっています。
プロサーファー高梨直人のパワーゾーンを見極めるレールワークがとても参考になります。

波の上下を最大限に使いパワーゾーンを常に意識したレールワークをする事で、小波でもスピードをつける事ができます。
レールワークで重要なポイントは、常に次のパワーゾーンを意識して目線を向けるという事…
パワーゾーンでは、しっかりとノーズを砂浜の方向に向けボトムの下まで降りてスピードをつけるという事が大事です。
プロサーファー高梨 直人の「小波でのレールワーク編」を観て、小波のレールワークをマスターしましょう!
小波でパワーゾーンを常にキープしてスピードをつけれるようになると、サイズのある波でも大きなライン取りができるようになります。