2020年東京オリンピックのサーフィン会場誘致に向けて静岡・牧之原市が「ウェーブプール建設構想」を公表!造波装置を備えた巨大な人工波プールとなる予定…

静岡・牧之原市に「ウェーブプール」が建設予定

オリンピック追加競技となるサーフィンの会場誘致を目指し静岡・牧之原市に「ウェーブプール」が建設される予定…
同市役所での招致委員会で本部長を務める「西原 茂樹市長」が3月4日に公表。

建設予定されている「ウェーブプール」は、造波装置を備え300メートル × 100メートルにも及ぶ巨大な人工波プールで、すでに候補地が選定され準備を進めている模様。

サーフィンがオリンピック競技となり、いよいよ日本でもサーフィンがよりメジャーなスポーツとして認知されそう。
これを機に波が無い日でもサーフィンが練習できる施設「ウェーブプール」を、全国にたくさん建設してもらいですね!

※画像参照 出典 日刊スポーツ