初心者サーファーにありがちな「サーフィンあるある」

サーフィンをしている人なら絶対に共感できる「サーファーあるある」を紹介します。

サーフィンをしている人なら絶対に共感できる「サーファーあるある」を紹介します。

初心者サーファーあるある

サーフィンをしていると絶対に誰もが体験する「サーフィンあるある」をいくつか紹介します。サーフィン中に心の中で思った事や、やりがちな事など誰もが一旦は通るサーファーの「あるある」をまとめてみました。

・ロングライドをした後に周りで見ていた奴を探す

・同じピークにいたサーファーのライディングをガン見するけど、見てないフリをする

・砂浜で波のサイズを見て余裕と判断しても、海に入ると波のデカさにビビる

・セットの良い波を乗った後は不思議とゲットが楽チンになる

・女性サーファーの声が聞こえたら、とりあえず見てしまう

・家に帰ってから下を向いた時に鼻から海水が山盛り出る

・サーフワックスを忘れたと言って友達に借り、なかなか買いにいかない

・すました顔をして、実はオシッコをしている

・坊主で渋めの色のウエットスーツを着ているサーファーは絶対に上手いと思ってしまう

・同じピークに可愛い女性サーファーがいたら、腕がパンパンでも顔色変えずにゲットをする

・テイクオフ後に恥ずかしいパーリングをしたら、リーシュが足の指に引っかかったと友達に言い訳をする

・自分より上手いと思っていたサーファーのライディングを見た後に、自分より下手だと感じたら次からセットの波は絶対に譲らない

・一緒に行く予定だった仲間が来れなかった時、後日会ったらあの日の波はめっちゃ良かったと盛ってしまう

・ローカルの子供サーファーのレベルの高さを感じてサーフィンをやめたくなる

・ラスト一本で上がると決めてから1時間以上粘る

・絶対に海に行けない日でも波情報アプリをずっと見てしまう

・波に当て込む事が出来ないのに、陸では壁に向かってリップの動作をやたらとする


関連記事


Written by

波乗り情報サイト 「naminori」では、サーフィンの最新情報やサーフィン動画、サーフィンテクニックなど、サーフィンに関する話題やトレンドを発信します!