テイクオフでサーフィンブーツが引っかかる問題の改善点を解説!田中英義

テイクオフでサーフィンブーツが引っかかる問題の改善点を解説!田中英義

冬に履くサーフィンブーツがテイクオフで引っかかる問題の改善点を田中英義がわかりやすく解説。

テイクオフでブーツが引っかかる問題の改善点話します

プロサーファー田中英義が、冬に履くサーフィンブーツがテイクオフ時に引っかかるという問題の改善点をわかりやすく解説する。この悩みは冬場のサーフィンで多く経験するサーファーが多いかと思います。せっかくの良い波も足が引っかかりテイクオフが遅れたり、バランスを崩してパーリングする事もあるので、このサーフィンブーツが引っかかる問題の悩みを解消しておきましょう。

この問題は、テイクオフをする時に足の先部分を引きづるようなフォームで立つと起こりやすいという事。なので、足で先行するような感じで立とうとせずに腰を先に上げる反動を上手く利用しながら前足を出すとボードとブーツが擦らずにサッと立つ事ができます。動画では、腰から先に上げてテイクオフをする良い例と足から立とうとする悪い例をわかりやすく紹介されています。プロサーファー田中英義のサーフィンブーツが引っかかる問題の改善点をぜひご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


関連記事


Written by

波乗り情報サイト 「naminori」では、サーフィンの最新情報やサーフィン動画、サーフィンテクニックなど、サーフィンに関する話題やトレンドを発信します!