1995年のパイプラインマスターズの準決勝!ワールドタイトルのかかった緊迫する場面でサーフィン史上に残る伝説の一戦がありました…

ケリーとマチャドのハイタッチ

今や伝説となった1995年のパイプラインマスターズのセミファイナル!
Kelly Slater VS Rob Machado のまさにドリーム・ヒート。
ワールドタイトルのかかったヒートでケリー・スレーターとロブ・マチャドは “最高のライバルであること”それ以上に親友であると認め合う行動に出た。

お互い共に、チューブライドで高スコアを叩きだす大接戦…
ケリーが完璧なバレルをチューブライドし終わってすぐに、マチャドがチューブライド!
そのマチャドに対しケリーが両手を挙げ素直に喜ぶ姿を見せた。
両手を挙げたケリーを見たマチャドがチューブライドのスピッツからケリーのもとにライディングする…
そこで伝説となったケリー・スレーターとロブ・マチャドがハイ・ファイブ(ハイタッチ)する状況が訪れる!
その光景は、今や伝説となった魅力的なシーンです。

ロブ・マチャドは「僕の目の前には、すべてを見ていたケリーがいた。偉大なるワールド・チャンピオンであり、究極のオーディエンスであり、そして友人でもあるケリー…だからこそハイ・ファイブだよ! そうするための状況がすべて揃っていたんだ」と語っています。
尊敬するライバルが素晴らしいライディングをすれば、素直に喜ぶという微笑ましい光景…
二人が 「ハイタッチ」 をする伝説のシーンを是非ご覧下さい。
ケリー・スレーターとロブ・マチャドが、いかに最高のサーファーであることが分かると思います。
ケリーとマチャドの伝説のハイタッチは、必見です!