1970年代にカリフォルニア州ヴェニスから世界中を巻き込んだ第一次スケートボード・ムーブメントの中心人物「Z-Boys Jay Adams(ジェイ・アダムス)」

Z-Boys Jay Adams(ジェイ・アダムス)

2014年に53歳と言う若さで急性の心臓発作により亡くなってしまいましたが、サーフスケート業界でジェイ・アダムスを知らない人はいない程の人気です。

Z-Boysの中で最も純粋にスケートを楽しんでいた生粋のスケートボーダーであり、ハードコアなルックスも相まってアウトローからも絶大な支持を受けています。
1970年代のアメリカ西海岸ドッグタウンを舞台とした映画「Lords Of Dogtown(ロード・オブ・ドッグタウン)」でも、Z-BOYSの中心メンバー「トニー・アルバ」と「ステイシー・ペラルタ」と「 Jay Adams (ジェイ・アダムス)」三人のスケートカルチャーの実話を基に作られました!
観ていない方は是非、「Lords Of Dogtown(ロード・オブ・ドッグタウン)」をご覧下さい。
実話のストーリー自体も面白いですが、なによりスケートカルチャーやファッションなどのスタイルが、全てにおいてイケてます!

「Lords Of Dogtown(ロード・オブ・ドッグタウン)」では、エミール・ハーシュがジェイ・アダムス役を演じています。
当時の写真と見比べてみても、雰囲気がそっくりのイケメンです。
サーフスケート業界のレジェンド「 Jay Adams (ジェイ・アダムス)」は、要チェック!
※Z-Boys(ジー・ボーイズ)は米カリフォルニア サンタモニカのドッグタウンの愛称で親しまれていた地域にあるサーフショップ「Zephyr(ゼファー)」で1974年に結成されたサーフチーム