トッププロサーファー小野嘉夫の独白により展開していくサーフムービー「Simple Line」

「Simple Line」小野嘉夫 × PARUO

日本を代表するサーフィンムービー・クリエイターであるPARUOこと鈴木晴雄さんが、日本のトッププロサーファー小野嘉夫のドキュメントを映像にした短編ムービー「Simple Line
2013年の「横乗日本映画祭」 に出品された作品で小野嘉夫さんは、現在はプロ生活を引退されています。

Simple Line
出演 : 小野嘉夫 小野功
監督・脚本・撮影・編集 : PARUO

◾️あらすじ
採点競技の世界で争っていた彼が、波を見るたびにその波で何­点が出るのかと考えてしまうようになっていた。
純粋に楽しく波に乗っているサーファーの姿を見て、コンペティショ­ンサーフィンしか知らないことに気がつき「シンプルにラインを描きたい」という感情が芽生える。
ある日、自身が経営するサーフショップの片隅に置かれているサーフボードを手にする。­それはシェイパーでもある父親が自分が生まれる前に削ったシングルフィンのサーフボー­ドだった。クラシックなサーフボードを手に取りコンペティションサーフィンとは違う、新たなサーフィンへの扉を開こうとしてい­る瞬間だった。

「Simple Line」 2013年制作